新発売 速攻!ランディングページ | SEO アフィリエイトツール 特典商材

新発売 速攻!ランディングページ

セールスページも、
スクイーズページも、
ブログも、
メインサイトのワードプレス1本で
全部でこなせる
そんなワードプレステーマを

日本で初めて新発売!


百聞は一見に如かずということで、実例をお見せしましょう。本サイトで2か月間βテストを実施したこのワードプレステーマは、固定ページに9種類のテンプレートを使い分けることができます。以下の1番から9番までをクリックしてご覧ください。(新たなページを開かないのでバックスペースキーで元のページに戻ってください。)

  1. 左サイドバーの2カラム(トップページのブログと同じ)
  2. 右サイドバーの2カラム
  3. 左右同幅で右サイドバーの2カラム
  4. 左右同幅で左サイドバーの2カラム
  5. シングルカラム(ロゴ、メニュー、タイトル)
  6. シングルカラム(ロゴ、タイトル)
  7. シングルカラム(ロゴ、メニュー、タイトル、3ボックス)
  8. シングルカラム(タイトル)
  9. シングルカラム(完全クリーン)

 セールスページ、スクイーズページには9番の完全クリーンなテンプレートの出番が多いですね。

上記の例は特にテンプレートを意識して作成した記事ではなく、ページ幅について留意せずに作成した固定ページです。ページ幅を2倍(あるいは半分)に変えても、不自然なく表示されますね。”Ctrl+”で表示サイズを変えても表示が画面内に収まります。すなわち、表示ピクセル数の小さいスマホでも同じように見ることができるレスポンシブ対応であることを意味しています。

カスタムメニューにも対応しており、ヘッダーへの追記機能、フッターへの追記機能など、便利な機能も満載された、最新のワードプレステーマです。本製品を使えば、メインのウェブサイトの運用も、セールスページ・スクイーズページも、全てワードプレスで、ひとつのドメインで完結させることが可能になります。勿論、サテライト機能やバックリンクサイトは別ですが、煩わしい事を考えることなく、メインサイトのワードプレスで全部こなせれば、SEO効果も大です。

メインサイトのワードプレスで空白ページテンプレートを気軽に使えれば、ペラサイトも、セールスページやスクイーズページも、ドメインの総力アップに寄与することになり、また、ペラサイト・セールスページ・スクイーズページ自体にも簡単にSEOをかけることができます。

従来の常識に囚われずに自由闊達にウェブサイトを構築できるプラットフォーム、それが速攻!ランディングページです。


SEOに強いワードプレスでメインサイトを作り

セールスページやスクイーズページも簡単に量産できる

MySQLデータベースもひとつで済み

サイト全体のバックアップも一発で済ませることができる


[開発の経緯]

毎日届くメルマガからリンクされたセールスページやスクイーズページは、殆どがシングルカラムでヘッダーの無いスタイルですね。「申し込む」か「購入する」という以外の出口を作りたくないので、シングルカラムでヘッダーの無いスタイルになるのです。

残念ながら一般のWordPresテーマにシングルカラムでヘッダーの無いページを作成できるものは殆ど見当たりません。稀に見つかっても、空白ページ専用だったり、旧式でウィジェットやカスタムメニューが自由に使えないテーマだったりで、とてもメインサイトの運用には使い物になりませんでした。結局、HTMLとの併用という方策で妥協するしかなかったというのが現実ではないでしょうか。

SEOに優れ管理の容易なワードプレス1本で、メインサイトもセールスページもこなせればどんなに便利だろう...、それも、どんなウィジェットもプラグインもカスタムメニューも使えてレスポンシブな最新のワードプレステーマで!

そのような課題を解決すべく開発し本サイトで使い込んで細かい改良を重ねた結果、速攻!ランディングページをお届けできることになりました。固定ページにはデフォルトの全幅ページ以外に、ページごとに9種類のテンプレートを選択できます。ページごとに全く異なる外観を持たせることができるのです。

このセールスページのように社名ロゴやメニューなど余計な出口が全くないクリーンな1カラムページ(上記の例の1番)、左右半々の2カラムで右半分をグラフィックエリアにしたページ(例:3番)。

サイト作成・運営管理の作業をワードプレスで行うのに慣れたアフィリエイターとしては、ランディングページも気軽にワードプレスで作成したいところですが、そのような構成のランディングページを作成できるワードプレステーマを入手するのは簡単ではありませんでした。

各社からワードプレス用のシングルカラムが可能なランディングページテーマが紹介されており、無料配布されているものもありますが、以下の欠点のいずれかがあり、希望通りのものは中々見つかりませんでした。

  • シングルカラムだけが可能で、複数カラムのサイトは作れない
  • ランディングページにサイトのタイトルが表示される
  • ランディングページからページのタイトルが消せない
  • ランディングページにナビゲーションメニューが表示される
  • ランディングページからタイトルやメニュー表示を消そうとPHPコードをいじると複数カラムのページからもタイトルやメニューが消えてしまうので、ランディングページ専用のサイトしか作れない
  • 簡単で原始的なテーマでありワードプレスの最新の機能が活かせない
  • メニューを表示する場合にカスタムメニューに対応していない
  • ウィジェットが一部しか使えない
  • 最新のプラグインが使えない
  • レスポンシブ対応しておらず、携帯・タブレット・PCや、ブラウザーの種類によって表示が乱れることがある

何とかシングルカラム対応のテーマを作れないものかとコードをいじり始めました。ヘッダーの無いシングルカラムのテーマにするのは簡単ですが、ヘッダーを下手にいじるとブログのロゴも消えてしまいます。この問題は何とか解決することができましたが、固定ページのコードをいじると、スタイルシートとの関係で表示に微妙な影響が出たり、苦労続きでした。レスポンシブ対応かつ最新機能のワードプレステーマをベースにして改良を加えないとメインのウェブサイトとしては使えません。高機能のテーマほど下手にいじると予期しない副作用が出てしまいます。

メインのカラム数は2カラムを選択しました。3カラムだと、欲張りすぎて広告や外部リンクを並べ立てるページになるか、コンテンツの割にスペースが多すぎる間の抜けたページになってしまうので、訴えたい部分に集中できる2カラムを好みます。「基本は1カラムだ」と言い切るエキスパートもいます。

結局、目標コンセプトと相性の良い最新テーマに辿り着くことができ、20ほどのPHPファイルに合計500行以上の変更を加えて、目標としていたワードプレステーマを作ることができました。一応完成したのが2013年7月末で、そこから2か月間当社のメインサイト(このサイトです)で試用して細かい点を直し製品化に至りました。とにかく便利で使い心地の良い最新のテーマで、HTMLエディターを使う機会が殆どなくなりました。勿論ライセンスの問題も解決し、発売にこぎつけることができました。

詳細は速攻!ショップで

カテゴリー: プロダクツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

「写庫」ソフトウェア無料プレゼント
2億枚近い「写庫」から欲しい写真を選んで合法的に無料で使用できるWordPressプラグイン「写庫」をゲットできる無料キャンペーンを実施中です。
ショッピングカート
  • 買い物カゴは空です。

お問い合わせフォーム | 個人情報保護方針 | Copyright©2013 by InDirect Co.,Ltd. - All Rights Reserved.