Content Gorilla レビュー(最終)

Content Gorilla (Standard版)を数日間使用した結果のレビューですが、Amazonモジュール以外は日本語サイト運用には使いこなせなかった、というのが結論です。詳細プロダクトレビューはWarrior Forumに投稿し、Chris Fox(作者)からのコメント(言い訳?)も投稿されました。英語が苦にならない方はご一読ください。

http://www.warriorforum.com/internet-marketing-product-reviews-ratings/843397-content-gorilla.html#post8516832

Warrior ForumはInternet Marketingに関する世界最大のオンラインフォーラムで、過去の数百万件の投稿のデータベースとしての活用、及び毎時毎分追加される新たなニュースにより、英語圏のInternet Marketerには欠かせない情報源です。

カテゴリー: 海外最新情報

Web Elements – グラフィック玉手箱

速攻!シリーズの一部で特典として使用している情報商材についてご説明します。(近々単独でも販売する計画があります。)

ウェブサイトを作成するのに必要な

3500種類を超えるグラフィック大全集が

いつも手元にあれば

どんなに便利だろう!


Web Elementsグラフィック玉手箱は、オリジナルの英語版(Web Elements Deluxe Web Design Graphics Collection)をそのままお届けします。ナビゲーターの7つのメニューからグラフィックの種類(下記のいずれか)を選択すると、候補画像が表示されます。必要な画像をクリックして保存して使用するだけです。

  1.    アニメーションGIF (1,573種類) 
  2.   矢印 (446種類)
  3.   背景画像 (823種類)
  4.    ボタン類、バナー (416種類)
  5.   アイコン (341種類)
  6.   星印 (72種類)
  7.  その他ウェブサイト作成用画像 (145種類)

 

使用方法は非常に簡単です。

  1. 販売サイトからWebElementsProduct.zipをダウンロードします。
  2. WebElementsProduct.zipを解凍すると日本語マニュアルと実行ファイルwe_web_graphics_gallery.exeが得られます。
  3. 実行ファイルをPCの適当な場所に保存します。例えば、デスクトップにそのまま置いても良いし、c:\Program Files (x86)\WebElements のディレクトリーを作成して保存し、ショートカットをデスクトップに置いても結構です。
  4. 実行ファイル(またはそのショートカット)をダブルクリックしてWeb Elementsプログラムを起動します。
  5. 画面左のNavigationの欄に書かれた、Animation、Arrows、Backgrounds、Buttons and Banners、Icons、Stars、Web Stylesのいずれかをクリックすると、画面右側に沢山の画像が表示されます。
  6. 使用したい画像を左クリックすると、小画面が開いて画像が表示されます。
  7. 小画面内に表示された画像を右クリックし「名前を付けて画像を保存」をクリックしてPCに保存します。
  8. 但し、使用したい画像を左クリックしても、小画面が開かない場合があります。ファイルサイズが非常に小さいIconsとStarsの画像などがこれに該当します。その場合は、画面右側に表示された画像を直接右クリックし「名前を付けて保存」をクリックしてPCに保存します。
  9. 保存した画像をウェブデザインに使用します。
実行ファイルのサイズはわずか11.7MBであり、グラフィックコレクションのファイル全体はWeb Elementsのサーバーに格納されているので、PCのリソースを食わず、軽快に使用できます。グラフィックコレクションファイル全体を自分のPCに保存したい場合は、Navigationの下部(Web Stylesの直下)にあるDownloadをクリックすることによりダウンロードすることができます。
ウェブサイトを作成する際に使用頻度の高い小画像や背景の類が大量に網羅されており、その場で見て選んで使えるので非常に便利です。Web Elementsのおかげでウェブサイト作成の効率が大幅アップしました。この種のグラフィックコレクションは比較的安価に販売されていたり、フリーでダウンロードできる場合も多いですが、大量のファイルの中から欲しいファイルを探すのが大変でした。インターネット上でフリーでダウンロードできるサービスの場合は、メールアドレスを登録させられたり、サイトの滞在時間を長くさせるために1ページ当たりに少数の画像しか表示されないなど、イライラさせられる場合がよくありました。
Web Elementsは即戦力度が抜群で、一度使うと手放せなくなりました。速攻!シリーズのパッケージに含まれる高画質バナーなどのグラフィックコレクションとWeb Elementsを一緒に使うと、ウェブサイトの作成にかかる時間が大幅に短縮されます
カテゴリー: プロダクツ

Content Gorillaの使用レビュー(1)

WordPressにインストールして実感したが、ContentGorillaはAmazon、Article Creator、Flickr、RSS、YouTube、Yahooそれぞれ、合計6個プラグイン、プラス、それを集中的に設定・管理・自動運営するインターフェースソフトの集合体、と考えればよい。

公式サイトのセールスページに表示される画像の一つを改めて見るとこの点が実感できた。

6つのプラグインの集合体

プラグインといってもファイル数147、フォルダー数15、サイズ2.21MBであり、立派なプログラムである。

プラグインをインストールして有効化すると、ダッシュボードの左メニューにContent Gorillaの項目ができる。これをクリックすると、管理画面が出てくる。
Content Gorilla管理画面トップ

中央部の上の方の右端にある「Create Campaign」をクリックして、投稿プロジェクトを登録し、ひとつひとつ設定していく。上記の例では既に5つの投稿自動設定(実験)を登録済みの状態である。

続いて「Options」のタブでプロジェクトごとの詳細設定をする。3ページ程度の長さの詳細な設定画面であり、実際にご覧いただければ理解できると思う。Amazon、YouTube、その他、コンポーネントごとにIDなどの詳細をインプットすることになる。

AmazonはAmazon.comとAmazon.co.jpのいずれかを選択できる。両方とも試してみたが、Amazon.co.jpを選択してAmazon.co.jpで登録済みのIDを設定すれば、正しくアフィリエイトリンクが入った投稿になっていた。

但し、Amazon.co.jpを選択すると、登録したプロジェクト全部がAmazon.co.jpで設定されるので、同じWordPress内で、米国向けの英語アフィリエイトサイトと日本向けの日本語アフィリエイトサイトを同時に運用することはできない。(サブドメインに別途WordPressをインストールしてContentGorillaをインストールすることになる。)

万一ContentGorillaがトンチンカンな投稿を大量にしてしまったら、サイトの信用を失うことになるが、OptionsのページのGeneralのメニューの最上部で、ContentGorillaの投稿を自動公開するか下書きとして保存するかを選択できるので、もちろん「draft」の方を選択する。

英語のニュースサイトで拾った記事を自動的に37か国語のいずれかに翻訳して投稿する、という機能も選べる。試しに英語記事を日本語に自動翻訳するように設定してみたが、うまく動作しなかった。この点については実験を重ねてみたい。

キーワードは英語が基本のようだが、日本語のキーワードを入れてみた。Amazon.co.jpからは日本語キーワードに沿った記事が自動的に拾えた。

YouTubeを日本語キーワードで設定して「動画劇場」のようなページを作ることについては実験を開始したが今のところうまくいっていない。

Optionsの詳細設定画面は、どのボタンをクリックしたらどの部分のインプットがファイナルになるか、等々、分かりずらい点がある。マニュアルは特に添付されていないので、色々やって使い方を覚える、ということになる。

一応、公式サイトのMembers Area(購入した人だけがアクセスできる)で詳細説明ビデオが4本見れるようになっている。Chris Fox自身が説明しているビデオだが、非常に訛りのきつい英語(Scottishか?)であり聞き取りにくい部分がいくつかあった。一応画面をどう操作するのかは見られるので英語が不得意な人も我慢して見ておいた方がよいと思う。

今日設定したプロジェクトが果たして毎日ちゃんと投稿されるかどうか、その他続報をお待ちください。

カテゴリー: 海外最新情報

Content Gorilla を実際に購入した

Content Gorillaの公式販売サイトで実際に購入してみました。

  • 最下部の「Buy Now」をクリックすると、決済サイト(Paypal)に飛びSecure Payment Formが表示され、 Content Gorilla US$27という購入内容の確認と、決済方法を選択します。
  • Paypalの口座を持っている人はPaypalにチェックを入れ、持っていない人はCredit or Debit Cardの方にチェックを入れて「Checkout with Paypal」をクリックします。
  • 次に支払確認画面を終えると、Content Gorillaの公式サイトに戻り、バックエンドの売込みが始まります。
  1. US$27の通常版にはFacebookへの投稿機能が省略されており、これを追加するには$97のPluginが必要。今買えば$47にしておく。4週間後には$97に値上げする、とのこと。
  2. 最下部の「No Thanks!」をクリックすると、次のページが現れ、「それならUS$37のこの場限りの特別価格でどうだ。これを断ると二度とUS$37では買うチャンスはない。」と出てくる。
  3. 最下部の「No Thanks!」をクリックすると、「Ultimate Content Gorilla Theme」の売込みページが開く。Content Gorillaに最適化されたWordPress ThemeでAdsenseも仕組まれておりFacebook、Twitterも使いやすく設置されている。」とのこと。Content Gorillaを本当に使いこなすにはこのThemeを買いたいところだ.
  4. 「No Thanks」をクリックすると、「今なら$27で買えるラストチャンスだがどうだ」とのページが開く。
  5. 最下部の「No Thanks!」をクリックすると、AppMigos Softwareのセールスページが開く。これは携帯アプリ作成ソフトで$197とのこと。Video説明をクリックしてみる。なかなか使えそうなソフトだ。
  6. 最下部の「No Thanks!」をクリックすると、「今買うなら$97にする」とのページが出てくる。
  7. 最下部の「No Thanks!」をクリックすると、やっとバックエンドの追加売込みが終わり、Content Gorillaのダウンロードページに飛ぶ。

これでやっとContent Gorillaのファイルがダウンロードできた。

結局、バックエンドの売込み(いわゆる sales funnel)のページで合計5回の「No Thanks」を押した。出てくるビデオも全部見たのでかなり時間がかかったが、興味のない人や英語の不得意な人は機械的にページ最下部の「No Thanks」を押せば1~2分で購入が完了するだろう。

ダウンロードしたファイルを解凍し、ContentGorillaのフォルダーをWordPressのpluginフォルダーにアップロードするか、普通にContentGorilla.zipをWordPressのプラグイン新規インストール画面からインストールすれば準備完了だ。プラグインと言っても、147個のファイルから成り合計2MB強もある。

(意見)

  • WordPressからFacebookなどへの投稿は既存のプラグインで簡単にできるので、上記2のオプションは買う必要はないと思う。
  • ContentGorillaに最適化されたThemeは、初心者ほど買う価値が高いと思う。但し、上記の通り一回目の売込みページでは「No Thanks」を押し、次の$27のページで買うと良い。
  • AppMigosはContentGorillaとは直接関係がないので、別の機会に考えればよい。携帯専用の簡単なウェブサイトを今週中に10サイト作れ、という仕事が入っていたら、このソフトを買えば1~2時間でやっつけることができそうだ。

 

カテゴリー: 海外最新情報

Content Gorilla コンテントゴリラ – 衝撃的新製品が9月12日に発売

2013.9.14 アメリカ最新情報 -  インターネットマーケティングの分野で日本より1~2年は先行しているアメリカで「今」起きていることを知ることができれば、日本で来年起こり始めることについて少なくとも予備知識が得られることになります。勿論、文化や環境の異なる日本ではアメリカと全く同じ形にはならないでしょうが、アメリカで今大ヒットし始めた新規性のある製品や技術は、日本で注目されることが約束されたようなものだと思います。当社では毎朝何通ものメールでアメリカからの情報が入りますが、今朝入った新製品情報はここ数か月で最も衝撃的なものでした。

Content Gorilla(コンテントゴリラ)という製品です。翻訳に時間をかける前に、発売元のサイトの詳細情報をシェアさせていただきたいと思います。英語の得意な方はサイトのビデオでも理解できますが、不得意な方でも、この製品で何ができるかは読み取れると思います。

Content Gorillaの最大のセールスポイントはContent Gorilla legally steals YouTube, Amazon and Yahoo’s content and puts on any website you want. 「Content Gorillaは合法的にYouTube,Amazon,Yahooのコンテンツを盗みあなたのウェブサイトに載せます(意訳)」と書いてあります。

すなわち、「設定したキーワードに合わせてYouTube、Yahoo、Amazonの最新情報を自動的に掲載するということです。案件ごとに「プロジェクト」を設定し、表示される期間やデザインを決めておくことができます。Amazonも新製品とその説明が入った美麗ページがを(もちろんアフィリエイトコード込みで)自動的に作成してくれます。YouTubeも同様にキーワードに合わせた最新動画がを入れられます。キーワードに合わせたYahoo Answerの記事も自動的に掲載できます。その他のニュースソースからの記事もキーワードに合わせて掲載できます。

懸念事項: 27ケ国語対応と書いてありますが、日本語でどこまで使えるのか、買ってみないとわかりません。少なくともYouTubeは使えそうです。YouTubeだけを取れば、日本にもキーワードに合わせて自動的にYouTubeのコンテンツをピックアップして動画劇場を作成するというプログラムの広告を見かけたことがあります。Contents Gorillaも同じ目的で使えそうですね。

AmazonはAmazon.comとAmazon.co.jpはアフィリエイトコードが別建てですから、米国製のホットプロダクトをキーワードごとに掲載するようなアフィリエイトサイトは作ることができるでしょうが、日本のAmazonに適用させるには、相当な作業(PHPコード追加)が必要と思われます。

9月12日発売(日本時間では13日)で、9月19日いっぱいはUS$27(約2700円)の発売記念価格で買え、20日から本来の価格(US$97)、約1万円になるとのこと。今朝いろいろネット調査したところ、発売から1日しか経たないのに何百もの紹介記事がアップされています。

作者はAndrew & Chris Foxという有名なスーパーアフィリエイター兄弟ですが、近年、自社製品としてもDominating Clickbank 1 & 2、Affiliate Millionaire、Commission Predatorsなどの大ヒットを出しており、今年の有料セミナー(何万円もする)で披露した最新のノウハウを製品の形にしたとのことです。

日本のサイトでどこまで使い物になるか買ってみないと分かりませんので、とにかく注文しました。

結果はいずれこのサイトでご報告します(その時点ではUS$97になっているでしょうが、それでも安いと思います。)

カテゴリー: 海外最新情報

カラースキーマー(デモ)

速攻!シリーズの一部で特典として使用している情報商材についてのデモです。


ウェブサイトを作成する際に難しいことのひとつに「配色」があります。プロのデザイナーなら配色について教育を受けているのですが、デザインの専門家でない我々が、「美しい」サイトを作ろうとすると、どうしても原色オンパレードの派手なデザインになりがちです。

居心地の悪い配色、成約しやすい配色というものがあり、他のすべての条件が同じで配色だけを改善した場合にコンバージョンが80%もアップしたというデータもあるそうです。

下記の画像の右下にあるSUBMIT HEX の左の#BF9822 の部分に使用したいカラーコードを#BF9822の代わりに記入します。たとえば#47F637 とタイプしてSUBMIT HEX をクリックすると、左端に鮮やかな黄緑色が表示され、その右8 コマには、適した組み合わせ(配色)が表示されます。
もしくは、右下の隅にあるRANDOM をクリックすると、プログラムが勝手にサイコロで決めた配色が表示されます。何度でも、自分のイメージに合う配色になるまでクリックしてください。

 なお、前回のRANDOMで表示された配色は記録されないので、必ず左端の色のカラーコード(SUBMIT HEXの左ボックスからでもコピーできる)をメモしておいてください。

お使いのブラウザーによりカラースキーマー全体が見えない場合は、こちらの全幅1カラムページでご覧ください。

カテゴリー: プロダクツ

スマホ シミュレーター(デモ)

速攻!シリーズの一部で特典として使用している情報商材についてご説明します。(近々単独でも販売する可能性があります。)


ウェブページを作成する際に、スマホではどんな感じで表示されるかを見るために、実際にスマホを取り出して見てみることがある方は、このページをブックマークしてください。簡易シミュレーターですので、外部リンクをクリックする際に target=”_blank” となっている場合(新しいタブかウィンドウが開くリンク形式の場合)には、リンクがPCのブラウザーに表示されてしまいます。その場合はスマホシミュレーター中の外部リンクを右クリックして「リンクアドレスをコピー」し、検索窓にペーストして検索ボタンを押してください。
スマホ シミュレーターは、ウェブページの任意の場所にこの携帯画面を表示させることができるプラグインです。通常のプラグインとしてWordPressにインストールし、左メニューをクリックしてシミュレートする携帯電話の種類を選択します。後は [sumahosimulator] というショートコードを固定ページまたは投稿ページの任意の場所に記載するだけで、そこに携帯画面が表示されます。(ショートコードは実際には半角小文字で書きますが、もし半角小文字でここに書くとここに携帯画面が表示されてしまうので全角で書きました。)
ウェブページ作成時のスマホ表示の確認だけでなく、他にも面白い使い方があるかも知れませんね。
[sumahosimulator]

カテゴリー: プロダクツ

速攻!ランディングページの開発状況

製品ページに速攻!ランディングページ(9月発売予定)と書いてあるので時々問い合わせを受けるのですが、速攻!ランディングページはプログラム自体が現在ベータテストの段階です。マニュアルの完成にはもう少し時間がかる予定で、今のところ9月中としかお答えできない状況です。

速攻!3Dカバー発売に関する記事の中でも話題にしましたが、当社のように複数の製品を上市する会社が製品デザインとマッチしたヘッダーバナーのセールスページを作ろうとすると、別のドメイン(あるいはサブドメイン、サブディレクトリー)で、HTMLでサイトを作ることになってしまいます。メインのホームページはWordPressで構築しているので、自社製品なのにメインのホームページでは収載できないという状況になりがちです。これはWordPressのテーマで設定したヘッダー画像やメニューは、すべてのページに表示されてしまうからです。(まれにそうでないテーマもありますが。)

当社は有名な”EFFICIENTアフィリエイト”という3カラムのテーマを販売関係のサイトで使用していますが、飾り気のない本社サイト(当サイト)では、最新のレスポンシブな2カラムのテーマにさまざまな変更を加えた改造テーマを使用しています。元のPHPファイルと比較しての変更行数を合計すると500行以上になりました。最新テーマの機能を維持したまま、ヘッダーやメニューの表示されない完全ブランクのランディングページを簡単に作れます。

上部メニューの「製品」をクリックすると製品群が表示されますが、製品名からリンクされるセールスページは、全て上述の機能を利用して作成した、ワードプレスの単なる「固定ページ」です。

どんなメリットがあるかというと、まず、ランディングページにも普通にSEOをかけられます。(ランディングページはSEOと両立しないのでSEOは忘れなさい、と書いてある教本も多いですが。)次に、メインのワードプレスでバックアップができるので保守管理が楽です。三番目のメリットは、実用面で最大のメリットなのですが、ブログに投稿するのと同じ手軽さでランディングページ(セールスページを含む)を気軽にどんどん作ることができるということです。

WordPressのテーマはGPLライセンス+個別の版権(特にjava script関係)がベースになっていますが、テーマから個別の版権で守られている部分を切り離すと機能が激減するか機能しなくなります。最近、同業者(日本の会社)が米国製のWordPressテーマに勝手に手を加えて販売している例を目にしましたが、万一米国のソフトメーカーから目を付けられたら大変な賠償請求を受ける結果になりかねません。

そこで、色々検討した挙句、当社では個別の版権が及ばないGPLライセンスが適用される部分(十数個のPHPファイル)に必要な変更(パッチ)を加えるプログラムを上市することにしました。すなわち、改造テーマ本体を販売するわけではないので、個別の版権を侵害しないわけです。

予告通り9月に発売できるよう頑張ります。

カテゴリー: プロダクツ

新発売 速攻!3Dカバー

速攻!3Dカバーが本日発売されました。厳密にいうと、本日販売会社(Infotop)に登録フォームを提出したので、一般の方が購入できるのは3,4日後になると思います。

インターネットで検索すると3Dカバー作成ソフトは他社からも販売されており、また無料で3Dカバーを作成してくれるサイトもあります。

速攻!3Dカバーのセールスポイントはハイクォリティーの仕上がり画像が得られることです。その為に必要なプロフェッショナルデザインテンプレートが50セットも含まれるパッケージソフトです。
プロフェッショナルデザインテンプレートはカバーのデザインだけでなく、一緒に使用できるウェブサイトバナーのデザインがセットになっています。商品ごとに、その商品デザインとマッチしたウェブサイトバナーが表示されたランディングページを作ることが常識になってきましたが、速攻!3Dカバーのパッケージがあれば、そのようなランディングページが簡単に量産できることになります。

実は、速攻!3Dカバーをユーザーとして最も歓迎しているのは当社自身なのです。複数の製品・商品を企画販売する当社にとって、まさに無くてはならないツールです。アフィリエイターさんにとっても、アフィリエイト商品ごとにデザイン(ウェブサイトバナー+商品画像)の異なるアフィリエイトページをどんどん量産して市場に速攻をかけることができると思います。もし発売元の会社がショボイ商品画像のセールスページしか持っていないようなら、質的に上回るアフィリエイトページを作るのも痛快ではないでしょうか!

カテゴリー: プロダクツ

聞き流し英語教材 Facebook for Business

聞き流し英語教材 Facebook for Business 発売しました。
インターネット起業分野で最もホットな話題のひとつであるFacebookのビジネス活用に関する本場アメリカの情報が60ページのPDFに凝縮された情報教材、それを正調アメリカ英語で読み上げた音声ファイルのセットです。
これはいったい英語教材なのか、情報教材なのか?はっきりしろ!とのご質問をいただきました。

答えは「両方」です。

といいたいところですが、これは明らかにFacebookのビジネス活用に関する本場の情報教材なのです。
ただ、標準的な英語力の日本人がいきなり音声ファイルを聞き流しても、よく理解できないと思います。だからテキストの方を先に読んで、大体理解できてから聞く。何十回も繰り返して聞く。耳にこびりつくまで聞く。その結果どうなるかというと、元々非常に興味のある情報なので、一生懸命聞いて、英語と内容の両方が体に染みついてしまう。それを英語教材というべきか、情報教材というべきか、、、

実は、英語教材を販売する気は全くなかったのですが、「日本語訳して日本で発売するための権利が取得できる、本場アメリカのホットな情報教材」を探していたところ、内容的に魅力がある、ただし日本語化する権利は取れない、販売権(master resale right)は取れる、たまたま(?)音声ファイルが付いてくる、というこの教材に遭遇しました。音声ファイルを聞いたところ、聞き取りやすい正調アメリカ英語で、スピードも聞き流し英語教材に最適(聞き流し英語教材はスピードが遅すぎると不適)なので、予定外でしたが販売に踏み切った次第です。

カテゴリー: プロダクツ